介護リフォーム|安心の介護リフォームとは

スポンサードリンク

まずは生活範囲の確認

介護リフォーム

介護に適したリフォームとは、まず介護される方の体の状態を確認してください。

 

歩行状態、普段の生活の範囲、食事は独りでできるか?等、介護認定の数値ばかりではなく、日常の中での暮らしを確認してみると、必然的に介護に適したリフォーム箇所を選定することができます。

 

介護と一口で言っても、十人十色で、それぞれにケースが違うと言われています。
ですから、わが家の場合のリフォームは?という場合には、介護される方の生活が向上するような、同時に介護する方にとっても介護しやすい環境に仕上げることが大切です。

 

具体的な箇所について

介護に適したリフォームの場合、一般的なものとしては、トイレ、洗面所、お風呂、玄関などの生活で重要な部分が多いでしょう。

 

歩行可能の場合は、家中に手すりをつけるとか、玄関に段差解消の台の設置等をする方が多いようです。

 

また、屋外の玄関などではスロープにする、車椅子の生活の方の場合は、家中をフローリングやバリアフリーするなどのリフォームが理想と言えます。
介護に直面した場合は、適したリフォームをするために、良く考えて検討してみてください。

 

助成金について

介護認定を受けることで、リフォームに対して助成金が出る制度があります。

 

ただし、全てのものが対象ではないですから、かならず確認をしてみてください。

 

実際に介護認定を受ける段階になると、ケアマネージャーがついていろいろと相談に乗ってくれます。
多くの介護の現場をみてきていますから、介護に適したリフォームについての知識と経験も多いですから、ぜひアドバイスを貰うとよいでしょう。

 

また、助成金に有無、金額等に関しての知識もしっかりと入手し、単に介護に適したリフォームだけではなく、得をするリフォームになるよう、話を進めることをお勧めします。

スポンサードリンク

サイトマップ