介護リフォーム|バリアフリー工事とは

スポンサードリンク

そもそもバリアフリーって何?

スポンサードリンク

もともと、バリアフリーの言葉が建築用語で、バリア=障壁、フリー=のぞく、という意味があります。

 

すなわち障壁を除くということは、実生活においては、段差をなくしたり、ドアを引き戸にすることで、物理的な障害をなくす事になります。

 

バリアフリー工事は、これらの問題点を解決すると言う意味になります。
今はグローバルな意味で使われるバリアフリーですが、建物内ばかりではなく、道路や公共施設においてもバリアフリー工事は行われています。

 

どこまでの工事にする?

介護リフォーム

介護の場面においてのバリアフリー工事は、具体的なものとして、床の段差の解消、建物内の手すりの設置、廊下や部屋の出入り口の拡張などがあります。

 

介護認定や介護される方の程度によって必要なバリアフリー工事を行うことになります。
実際に歩ける方、車椅子の方、全く歩行ができない等の介護される方の体の状態を見つつ、建物内のバリアフリーの程度を考えて行く事が大切です。

 

また、まだ介護の段階ではないけれど、高齢者との同居のために、使い易い居室としてのリフォームのためのバリアフリー工事も考えておくと良いかもしれません。

 

生活が一変する

バリアフリー工事をすることで、生活スタイルがガラリと変わります

何よりも行動が楽になることで、介護が必要な方本人はもちろんの事、介護する側の生活も良くしていくことができます。

 

介護認定を受けることで助成金制度などもありますから、うまく活用して、お得に効果的な居室を作ることができます。

スポンサードリンク