介護リフォームの家屋の調査

スポンサードリンク

家屋調査の必要性

スポンサードリンク

介護リフォームをすることになると、まずはケアマネージャーに相談をしてください。
ここでの動きとしては、具体的にどこをどうリフォームしたら良いか?ということになりますが、家屋調査をしなくてはなりません。
そのときには、ケアマネージャーを行うのではなく、建築士と福祉専門のコーディネーター(コンサルティング)が、家屋調査をすることになります。

 

要介護者の体を考える

介護リフォームには欠かすことができない要介護者と介護をする方の快適さを実現させるため、まずは要介護者の身体機能と運動機能の確認を行います。
そして、毎日の生活の流れから、介護リフォームの必要箇所をあげていきます。
単なる家屋調査だけではなく、ケアマネージャーなどとの連携も密にして、必要とおもわれる介護リフォームを探します。
入院や通院されている場合は、主治医やリハビリ担当の先生に話を伺うこともあります。
ここまで徹底した調査も含めて家屋調査が進められていきます。

 

介護する側への配慮

介護リフォームの際に、確認して欲しいのが、どうしても要介護者の身体関係ばかりの家屋調査になりがちですが、本当に良い家屋調査とは介護する方の身体機能にも触れます。
現在、介護をする方においても高齢者だったり、絶対に健康体とは言えない方も多い中、家屋調査では、そういった介護する側に立つ介護リフォームも必要とされています。
家族が同じ空間で過ごすのですから、みんなが快適に過ごすことができるというのが、介護リフォームの重要な事の一つと言えます。

 

スポンサードリンク

介護リフォームの家屋の調査関連ページ

ケアマネージャーに事前相談
介護リフォームの際に、ケアマネージャーの存在抜きでは考えないことです。 普通の住宅のリフォームのように、自由に好きな用なリフォームとは違い、介護に関係する方のためのリフォームになりますから、専門的な知識と見解が必要になります。
リフォーム内容の確認
介護リフォームの内容はきちんと確認をしてください。 もちろん工事前に全ての内容を把握し、確認をした上で、契約になります。 わからないことは、業者ばかりではなく、ケアマネージャーに尋ねる事も大切です。 工事前、介護リフォームに対する要望などがある場合は、必ず妥協せずに伝えることが必要です。
施工(工事)業者の選定
介護リフォームをする上で、施工工事を依頼する業者の選定は、必ず福祉の知識があるところにすることが大切です。 現在は、単なるリフォーム業者が、介護リフォーム業界に入っていて、実際の介護リフォームをしていることも多くあり、あとからトラブルになっているケースが多くなっています。
仕様・プランの打ち合わせ
介護リフォームを考える場合、その仕様と具体的なプランについては入念な打ち合わせをする必要があります。 ここでは、トイレの介護リフォームについて考えてみましょう。 考えられることとしては、居室からトイレへの導線から考えます。
見積もり確認と契約
介護リフォームの見積もりはしっかりと受け取り内容を確認してください。 その上で、納得できた内容であった場合、契約になります。 見積もりのチェック項目として、公正な立場で、家屋調査ガされていて、その上での診断が確かなことの確認です。
助成金の申し込み(申請)
介護リフォームをすると、申請をすることで助成金を受け取る事ができます。 これは、要介護者のいる家庭で、助成金の申し込みをすることで、一定の規格に当てはまる場合に出るものです。 まずは、介護リフォームの意思があることを、市町村やケアマネージャーに相談をしてください。