介護リフォームの流れ

スポンサードリンク

まずはトイレまでの導線確保

スポンサードリンク

介護リフォームを考える場合、その仕様と具体的なプランについては入念な打ち合わせをする必要があります。
ここでは、トイレの介護リフォームについて考えてみましょう。
考えられることとしては、居室からトイレへの導線から考えます。
簡単に移動することができるのが条件で、単純な道筋をつけられるよう、トイレばかりではなく、居室の介護リフォームなどが必要になる場合もあります。
その様な仕様などを一緒に考えていくことになります。

 

トイレの広さを確保

トイレについたのなら、ドアの工夫ですが、ドアの介護リフォームとして代表的なのが引き戸です。
それも力を入れずに軽く開閉できるもので、もし車椅子での生活の場合は、開口部分を広くする仕様になります。
また、開口部分だけではなく、トイレ内部についても、時には介助人がはいることも考えられますから、広いスペースの確保なども検討されます。
このプランが可能かどうかの打ち合わせをしていき、具体的な図面を実現していきます。

 

 

プランの内容は盛りだくさん

トイレの介護リフォームの場合、段差をなくす事も大切ですし、転倒事故防止策としての福祉用具の確保もあります。
もちろん和式便器に関しては、洋式便器取り替え、手すりや高さ調節なども必要です。
寒い季節に備えての暖房器具の設置など、さまざまなプランが出てきます。
どこまでのプランが可能になるか、もちろん予算の関係からも考えていくことで、介護保健の助成金などの必要も出てきます。
こうしたプランや要望などを、簡単に決めるのでなく、時間をかけて打ち合わせをしていくことが大切です。

 

スポンサードリンク

介護リフォームの仕様・プランの打ち合わせ関連ページ

ケアマネージャーに事前相談
介護リフォームの際に、ケアマネージャーの存在抜きでは考えないことです。 普通の住宅のリフォームのように、自由に好きな用なリフォームとは違い、介護に関係する方のためのリフォームになりますから、専門的な知識と見解が必要になります。
リフォーム内容の確認
介護リフォームの内容はきちんと確認をしてください。 もちろん工事前に全ての内容を把握し、確認をした上で、契約になります。 わからないことは、業者ばかりではなく、ケアマネージャーに尋ねる事も大切です。 工事前、介護リフォームに対する要望などがある場合は、必ず妥協せずに伝えることが必要です。
施工(工事)業者の選定
介護リフォームをする上で、施工工事を依頼する業者の選定は、必ず福祉の知識があるところにすることが大切です。 現在は、単なるリフォーム業者が、介護リフォーム業界に入っていて、実際の介護リフォームをしていることも多くあり、あとからトラブルになっているケースが多くなっています。
家屋の調査
介護リフォームをすることになると、まずはケアマネージャーに相談をしてください。 ここでの動きとしては、具体的にどこをどうリフォームしたら良いか?ということになりますが、家屋調査をしなくてはなりません。
見積もり確認と契約
介護リフォームの見積もりはしっかりと受け取り内容を確認してください。 その上で、納得できた内容であった場合、契約になります。 見積もりのチェック項目として、公正な立場で、家屋調査ガされていて、その上での診断が確かなことの確認です。
助成金の申し込み(申請)
介護リフォームをすると、申請をすることで助成金を受け取る事ができます。 これは、要介護者のいる家庭で、助成金の申し込みをすることで、一定の規格に当てはまる場合に出るものです。 まずは、介護リフォームの意思があることを、市町村やケアマネージャーに相談をしてください。