介護リフォームの工事完成後の流れ

スポンサードリンク

介護リフォームトその後の改良

スポンサードリンク

介護リフォームは、一回限りとは限りません。
必ず、工事完成をしたあとにもメンテナンスが必要になってくることがありますし、要介護者や介助人の身体能力によっては、改良が必要な場合が多いと言われています。

 

ですから、介護リフォームの業者の選定の際には、アフターフォローをしっかり行なってくれるというのがポイントになります。
工事完成後には、必ず声をかけて、不都合がないか確認したり、何かがあればすぐに飛んでくれるフットワークの軽さは、介護をする上でとても力強い味方となってくれます。

 

悪徳業者に気をつけて

ただし、介護リフォームのアフターフォローを、営業成績にしてしまおうという悪徳業者も跡を絶ちません

 

必要のない部分を無理に再び工事をさせようとしたり、最もひどいのは手抜き工事をしたあとに、のこのことアフターフォローを装って営業しに来るとんでもない業者もいます。

 

声をかけてくれるのは嬉しいけれど、この業者とは縁を切りたい…ということにならないようにしましょう。
ですから、介護リフォームの計画段階で、工事完成後の流れを伝えてくれて、納得行く業者に依頼をすることが大切です。

 

謙虚な営業?

介護リフォームの工事完成後の流れは、それぞれですが、たいていはケアマネージャーを通して、要介護者の身体の様子を見つつ、点検にしにきたり、必要とあれば要望に対応するなどの適切なアフターフォローをしてくれる所が良いでしょう。

 

だからこそ、介護リフォームの際にはケアマネージャーの存在を欠かすことができないということです。
直接家にくるよりは、ケアマネージャーを通して、と言う部分が重要です。

 

スポンサードリンク

介護リフォームの工事完成後の流れ記事一覧

介護リフォーム|介護保険・助成金とは

介護リフォームというのは、介護する方、される方が快適に過ごすことができるためのリフォームです。そのため、介護の現場である家庭において、介護する方、される方にとって、もっと便利な住まいにしたいときに、介護保険を使ってのリフォームも行うことができます。これが、単なる普通のリフォームと大きく違うところで、...

≫続きを読む